中華料理は愛知の一宮にある【愛郷(あいきょう)】は駅近で駐車場も完備!~八宝菜の由来とは~

中華料理は愛知の一宮にある【愛郷(あいきょう)】へ!~駅近で駐車場も完備~

中華料理は愛知の一宮にある【愛郷(あいきょう)】へ!~駅近で駐車場も完備~

愛知中華料理を食べるなら、一宮にある【愛郷(あいきょう)】へご来店ください。素材からこだわった手作り焼きギョーザがイチオシです。店主は大阪で修行を積んだため、中華料理の味つけも大阪風のあっさりとした風味で食べやすいのが特徴です。幅広い年齢層の方から「おいしい」と、高い評価をいただいています。

中でも小鉢・スープなどがセットになった日替わりランチは人気があり、本格的な中華料理をお手頃な値段でお召し上がりいただけます。駅から近く、駐車場も完備しているので、ご家族やご友人とご一緒にお越しください。

中華料理は愛知のブランド豚「秀麗豚」・自家栽培の野菜など素材にこだわる【愛郷(あいきょう)】

中華料理は愛知のブランド豚「秀麗豚」・自家栽培の野菜など素材にこだわる【愛郷(あいきょう)】

中華料理は愛知のブランド豚「秀麗豚」や自家栽培の野菜を使用したメニューを豊富にご用意している【愛郷(あいきょう)】へお越しください。

飼料に木酢酸と海藻粉末を混ぜて育てた「秀麗豚」は、柔らかい肉質が特徴で小さなお子様や高齢の方でも食べやすいです。秀麗豚を使った酢豚やホイコーローは、多くのお客様にご満足いただいています。野菜は安心して食べられるよう、自家栽培のものを使用しています。

一つ一つの素材にこだわった中華料理を愛知で食べるなら、ぜひ【愛郷(あいきょう)】へご来店ください。道路沿いに看板を設置していますので、迷わずご来店いただけます。お車でお越しの際は、店舗前の駐車場をご利用ください。皆様のご来店をお待ちしています。

人気の中華料理「八宝菜」の由来

八宝菜は、肉類や魚介類、キノコ類、野菜などたくさんの具を使った中華料理で、日本でも人気があります。塩味や醤油味のとろみをつけた「あん」が特徴です。中国で「八」はたくさんという意味があり、「菜」は料理やおかずという意味があります。八宝菜の起源には様々な説がありますが、清の時代に美食家として有名だった李鴻章(リホンチャン)が広めたと言われています。

日本でも馴染みのある八宝菜をご飯に乗せた中華丼は、お米を主食とする日本人が独自に考えた食べ方と言われています。一宮にある【愛郷(あいきょう)】では、野菜をたっぷりとお召し上がりいただける八宝菜をご用意していますので、ご来店の際はぜひお召し上がりください。

お役立ちコラム

愛知で中華料理なら一宮にある【愛郷(あいきょう)】へ

店舗名愛郷(あいきょう)
住所〒491-0915 愛知県一宮市宮地2-12-6
電話番号0586-85-9948
URLhttps://chuukabouchou.com/