日替わりのランチは一宮にある【愛郷(あいきょう)】まで!駅近で駐車場も完備~酢豚の歴史~

一宮でランチをお考えなら~本格中華をお得な日替わりのセットで味わえる【愛郷(あいきょう)】~

一宮でランチをお考えなら~本格中華をお得な日替わりのセットで味わえる【愛郷(あいきょう)】~

一宮ランチをお考えでしたら、一宮の宮地にある【愛郷(あいきょう)】へお越しください。本格中華をお手頃な価格でお召し上がりいただけます。酢豚や焼きギョーザなど定番の中華はもちろん、お得な日替わりのセットはランチの人気メニューです。

【愛郷(あいきょう)】の中華料理は、あっさりとした味つけが特徴です。素材の一つ一つにもこだわっているため、お子様からご高齢の方まで安心して中華をお楽しみいただけます。ご家族やご友人とのお食事に、ぜひ【愛郷(あいきょう)】をご利用ください。

ランチは一宮の宮地にある【愛郷(あいきょう)】へ~駅近で無料の駐車場も完備~

一宮でランチ・ディナーを提供する【愛郷(あいきょう)】は、アクセスの良い場所に位置しています。駅から徒歩で約10分と近く、店舗前の駐車場は無料で10台分ほど余裕のあるスペースです。車の運転が苦手な方でもストレスなく停めていただけるかと思います。

日替わりのセットは、プラス150円で、イチオシの手作り焼きギョーザ(3個)を追加できますので、ぜひご注文ください。

酢豚の歴史

酢豚の歴史

中華料理の代表的な存在の酢豚は、豚肉と野菜を甘酸っぱいたれで炒めた料理です。パイナップル入りの酢豚は、中国の清朝中期に誕生したと言われています。

日本の中華料理は広東料理がベースになっていて、日本人向けに味つけを整えてあるものが多くあります。広東地方は熱帯気候なことから、料理に果物を取り入れたレシピが数多くあるため、酢豚にもパイナップルが入っているのです。

甘酸っぱいたれが日本人の味覚に合っていて好きな方も多いですが、ご飯のおかずなのに果物はちょっと…と思う方もいらっしゃいます。そのため、近年の酢豚は日本人の嗜好をより反映させた酢豚になっています。

お役立ちコラム

ランチは一宮で日替わりもある中華料理【愛郷(あいきょう)】へ

店舗名愛郷(あいきょう)
住所〒491-0915 愛知県一宮市宮地2-12-6
電話番号0586-85-9948
URLhttps://chuukabouchou.com/